江戸切子の由来・歴史など知識

HOME >> 江戸切子と薩摩切子

江戸切子と薩摩切子

切子ガラスを代表する江戸切子と薩摩切子ですが、生まれた環境や歴史は大きく異なっています。一口に切子といっても時代背景に影響され、歴史が途絶えてしまったり絶えることなく受け継がれていったりと様々な事が起こっています

薩摩切子について

薩摩切子は薩摩藩の第10代藩主 島津斉興が外国より伝来したガラス書物をもとに江戸のガラス職人を招くなどして始めた硝子事業が始まりです。

第11代の島津斉彬が「集成館」の事業の一環としてさらに事業を推し進めました。

集成館事業とは、島津斉彬の考案で近代式工業群の建設のことで、製鉄・造船・紡績に特に力を注ぎ日本の近代化に貢献した事業のことです。

時代背景には欧米列強に中国の清が植民地化され、日本も植民地化される危機感から軍事力の強化など近代化の必要性が迫られていたのです。

先進的な試みで事業は進んでいましたが、薩摩藩とイギリスの戦争などにより集成館が被害を受け、その後幕末の動乱の中で薩摩切子の歴史は明治初頭に途絶えてしまいます。

その後、薩摩切子の復刻を試みる職人や企業により少しずつ復活していきます。

現在は島津家の島津興業を中心に復刻品の製造や新しい製品の開発が進んでいます。

阪本光男

薩摩切子を復刻した職人さんです。プロフィールをご紹介いたします。

1935年 大阪に生まれる

1948年 父、坂本松之助を師と仰ぎ、切子の修業を始める。

1963年 独立し、当時盛んであった色被せガラスのカットを始める。

1980年 薩摩切子の復刻に取り組む。

1987年 復刻作品の制作を手掛け、現在に至る。

江戸切子との違い

江戸切子と薩摩切子の大きな違いは江戸切子が庶民の文化の中から生まれたものに対し、薩摩切子は上述したように薩摩藩の事業として発生したところです。

また、江戸切子が薄いガラスに深く鮮明な彫刻を施すのに対し、薩摩切子は無色透明のガラスに分厚い色ガラスを被せ何度も彫を重ねて「ぼかし」という色合いのグラデーションを表現するように彫ることが特徴です。