江戸切子の由来・歴史など知識

HOME >> 江戸切子の模様

江戸切子の模様

江戸切子を代表する模様をご紹介いたします。職人による精密な彫刻と日本古来の伝統的な文様は海外からも高い評価を受けています。

伝統的な文様を基本に新しい組み合わせや構成で新しい文様が日々生まれています。

七宝紋様(しっぽう)

両端のとがった長楕円形をつないだ連続紋様。七宝つなぎという伝統紋様の一つから由来しています。

魚子紋様(ななこ)

切子面の細かな光の反射が、魚のうろこのようにきらめく様からきています。

四角籠目紋様(しかくかごめ)

竹籠の四角形の網目から六角籠目と並んで江戸を強く感じさせる紋様として多く使用されています。

六角籠目紋様(ろっかくかごめ)

切子のラインが竹かごの六家計の網目と似ているところから由来しています。

八角籠目紋様(はっかくかごめ)

竹籠の八角形の網目から六角籠目と並び江戸を強く感じさせる紋様として多く使用されています。

麻の葉(あさのは)

切子の交差が麻の葉の形になるところから。江戸の小紋などにも用いられている伝統紋様。

矢来(やらい)

矢のように降る雨(矢来の雨)または竹垣の竹の交差に似ているところからきています。

菊つなぎ(きくつなぎ)

切子の細かな交差の連続が、菜の花の連なった様子を思わせるところからきています。