江戸切子の由来・歴史など知識

江戸切子について

江戸切子は1834年(天保5年)に江戸大伝馬町のビードロ屋(ガラス屋)の加賀屋久兵衛が金剛砂を使用してガラスの表面に彫刻を施したものが初めてといわれています。加賀屋久兵衛は色々な切子細工の技法の研究を行っていました。日本でのカットガラスの歴史(切子)はこうして始まりました。1873年に殖産興業政策として品川興業社硝子製造所が設立され、1881年には最先端技術を持ったイギリスからエマヌエル・ホープトマンなどガラス技師ら数名を招聘し、指導を受けた結果、近代工業の要素を取り入れながら切子の歴史は続いていくこととになります。

江戸切子は伝統の硝子技術とヨーロッパの技術が融合し、現代まで絶えることなく継承しています。

大正時代には大正文化・モダニズムの人気化で食器や照明など色々なところでカットグラスや切子模様が使用されるようになりました。このころよりカットガラスは高級品となっていきます。

戦時中(第二次世界大戦)には職人が出征し、一時期衰退するが、GHQなどの食器や高級ガラスの発注で硝子産業は復興していきます。

その後、機械による大量生産の安価なガラス製品が普及していき、カットガラスにも影響が出てきます。さらにバブル経済の崩壊により原材料を調達するメーカーの廃業が多くなり原料を入手することが困難になっていきます。また、高齢化していく職人と後継者不足により厳しい状態でした。

現在は若手の育成やデザイナーとの共同開発などによる個展活動など積極的な動きがよく出てきています。日本の文化として海外に発信しています。

伝統工芸品としての認可など

1985年に東京都伝統工芸品として認定。

2002年に経済産業大臣指定伝統的工芸品に認定

切子模様の由来

江戸時代にカットガラスのことを切子として紹介している文献があります。それからカットガラスの和名は切子というようになったようです。